株式会社ストラテジックキャピタル

役職員紹介

役職員紹介

丸木 強

丸木 強 (代表取締役)

野村證券株式会社入社後、主に日本企業や政府関係機関の資金調達案件の引受、大型民営化企業のIPO、邦銀への資金注入に際しての政府関係機関のアドバイザー、米国企業の日本の上場子会社に対する公開買付代理人などの業務を担当
1999年、株式会社M&Aコンサルティング(後のMACアセットマネジメント)の創業メンバーの一人として、日本初となるアクティビストファンドの運用に従事
2012年に株式会社ストラテジックキャピタルを設立、代表取締役に就任、同年12月からアクティビスト戦略のファンド運用を開始
東京大学法学部卒、国際コーポレート・ガバナンス・ネットワーク(ICGN)メンバー

加藤 楠

加藤 楠(取締役)

農林中央金庫入庫後、投資部門で様々な分野の投資に関わり、オルタナティブ投資チームを主導
2004年農林中金退職後、株式会社M&Aコンサルティングでアクティビスト投資、Aetos Japanで不動産関連の公開株投資に従事
2012年に株式会社ストラテジックキャピタルを設立、取締役に就任し、アクティビスト戦略の投資に携わる
UCLA Anderson School MBA、東京大学農学部卒

中塩 信一

中塩 信一(社外取締役)

アパレル企業に勤務後、1987年、新光監査法人(旧中央新光監査法人)入所、その後1992年に東陽監査法人入所
主に金融商品取引法監査、会社法、学校、公益法人等監査に従事
アドバイザリー業務としてM&A・企業再編等に従事
2015年、株式会社ストラテジックキャピタル社外監査役に就任
2018年、東陽監査法人理事長退任、当社社外取締役就任
慶応義塾大学経済学部卒

小野 雅博

小野 雅博(コンプライアンス部長兼内部監査部長)

日本債券信用銀行入行後、ジャカルタ事務所の開設・駐在や債権流動化・資産証券化等、国際部門や投資銀行部門を中心に様々な業務を担当
2000年以降、三井住友海上火災保険で保険デリバティブの法務・コンプライアンスや、ロンドン駐在、クロスボーダーM&A等、国際法務において中心的な役割を果たす
2021年に株式会社ストラテジックキャピタルに入社、コンプライアンス部長兼内部監査部長に就任
筑波大学法科大学院修了、早稲田大学法学部卒
著書「解る!使える!天候デリバティブ」「企業リスクマネジメント入門」

畠山 知子

畠山 知子(管理部長)

新生銀行入行後、法人部門において事業法人営業を担当
その後、株式会社グロービスにおいて金融機関やメディア企業の組織開発と人材育成支援に携わり、同社在職中にロンドンに留学
みずほ銀行在ドイツ支店勤務を経て、財務担当として株式会社MCアビエーション・パートナーズ(現:AMCK Aviation)に入社
航空機リースにかかる資金調達、トレジャリー業務等、同社の財務領域全般に携わる
2021年に株式会社ストラテジックキャピタルに入社、管理部長に就任
Goldsmiths, University of London – MA Digital Sociology、一橋大学法学部卒

山下 隆門

山下 隆門 (ディレクター・インベスターリレイション)

Toronto Dominion Bank入社後、トロント、カナダでアセットマネジメント部門において、ファンド・オブ・ファンズを担当
2014年、ラッセルインベストメントに入社、運用部で日本株マネージャーリサーチを担当
York University, Schulich School of Business卒、CFA業界認定証券アナリスト

松橋 理

松橋 理 (チーフアナリスト)

日本生命保険相互会社入社後、東京で、国内上場株式アナリスト業務、議決権行使業務、トレーディング及び貸株業務などを担当、ロンドンで、ファンドマネージャーとして欧州上場株式投資業務を担当
2018年に同社退職後、株式会社ストラテジックキャピタルに入社、チーフアナリストとして、アクティビスト戦略投資運用に従事
ロンドンビジネススクール金融学修士課程修了(定時制)、早稲田大学政治経済学部卒

永岡 永

永岡 永 (アナリスト)

ゴールドマン・サックス証券株式会社入社後、投資銀行部門で主にヘルスケア及びゲーミングセクターにおける M&A アドバイザリー業務、カバレッジ業務に従事
2020 年、同社退職後株式会社ストラテジックキャピタルに入社、アナリストとして、アクティビスト戦略投資運用に従事
一橋大学商学部卒

間宮 順 (監査役)

1988年に最高裁判所司法研修所修了(第40期)後、主にコーポレート・ガバナンスをはじめとする企業法務全般及びファイナンス案件を主に取扱う
2008年に間宮総合法律事務所を設立し、代表パートナーを務める。2014年にスクワイヤ外国法共同事業法律事務所と合併し、パートナーとしてM&A、企業再編、コンプライアンス、合弁事業、フランチャイズ、知的財産権、労働、投資ファンド、プライベートエクイティ及びキャピタルマーケッツ、国際リース、ローン、訴訟、国際仲裁、その他紛争解決等、幅広い分野を取り扱う
九州大学法学部卒

PAGE TOP